センター試験が終了 1人スマホで不正行為 三重

【試験を終えて帰宅する宇検生ら=津市栗真町屋町で】

大学入試センター試験は20日、津市栗真町屋町の三重大学など三重県内7会場で数学と理科の試験があり、2日間の日程を終えた。大学入試センターによると、県内の1会場で受験生1人が「理科2」の試験中にスマートフォンの電卓を操作する不正行為があった。

三重大では、午後5時45分ごろ、最後の理科の試験を終えた受験生が一斉に会場を出た。受験生は「勉強したところが試験に出た」「計算の方法が分からなかった」などと感想を言い合っていた。

今年のセンター試験には、県内で前年より115人多い7567人が志願。19、20の両日とも、おおむね好天に恵まれ、交通機関の乱れもなかった。