高田高の島本さん金賞 三重県高校写真新人コンテスト

【島本さんの金賞受賞作品「映てますかー?」】

【津】三重県高校写真連盟(加盟19校)が主催する「第37回新人写真コンテスト」が19日、津市羽所町のアスト津であった。18校から寄せられた485作品を公開審査し、高田高校1年の島本凜海さんの単写真「映(ばえ)てますかー?」が金賞に選ばれた。上位3作品は7月に佐賀県で開催される全国高文祭に県代表として出品される。

公私立校の1、2年生160人が出品。日本写真家協会会員の松原豊さん(51)=津市美里町=が審査した。約100人の生徒が見守る中全作品を床に並べて上位を選び、入賞10作品を壁に投影して講評した。

島本さんの受賞作は校舎のガラスに映る自身と友人をスマートフォンで撮影した作品で、松原さんは「放射状に映り込んだ校舎の窓枠が劇画チックでスピード感がある。薄い緑の色合いもきれい」と評価した。

このほかの上位入賞者は次の皆さん。

銀賞=堀出萌絵(皇學館1年)銅賞=伊藤都華(三重1年)入選=①住澤愛美(名張青峰1年)②水谷優杏(皇學館1年)③浅井俊介(海星1年)④長田暖乃(宇治山田2年)⑤新開由梨(高田1年)⑥逵華苗(皇學館2年)⑦石澤光成(海星2年)