事故ゼロへ〝松阪作戦〟開始 取り締まり部隊集中投入 三重

【出動する取り締まり部隊=明和町中村のイオンモール明和で】

【多気郡】三重県警本部交通部と松阪署は18日、明和町中村のイオンモール明和で「交通事故ゼロ!松阪作戦」の出動式を開いた。

同署管内では過去10年間で1月に交通死亡事故が県内で最も多く起きる傾向にあるため、取り締まり車両を集中投入して街頭指導を強化。県全体の交通事故の発生抑止につなげようと企画した。

世古口哲哉明和町長ら約65人が出席。伊藤正彦交通部長は「今年一年、交通死亡事故ゼロの記録が残るように」と呼び掛けた。

白バイ10台とパトカー11台の交通指導取り締まり部隊は拍手を受けて出発。主要交差点へ向かい監視活動に当たった。