北勢・菰野バイパス早期整備を 促進期成同盟会、国に要望 三重

【池田道路局長(中央)に要望書を手渡す森市長(左から3人目)=国交省で】

三重県の北勢バイパス建設促進期成同盟会(会長・森智広四日市市長)と四日市インターアクセス道路整備促進期成同盟会(会長・石原正敬菰野町長)は17日、国土交通省を訪れ、国道1号北勢バイパスと国道477号菰野バイパスの早期整備を求める要望書を、池田豊人道路局長と菊地身智雄技監らに手渡した。

要望活動には森四日市市長、栗田康昭朝日町長、城田政幸川越町長、杉野浩二鈴鹿市副市長、諸岡高幸菰野町副町長、須藤康夫四日市商工会議所専務理事が参加した。

要望書は、北勢バイパスについて、市道日永八郷線―国道477号バイパス間の開通見通しの公表や、鈴鹿四日市道路の早期事業化などを要求。

菰野バイパスについては、湯の山温泉へのアクセス道路として渋滞緩和に寄与し観光振興を支えるため、四日市湯の山道路と一体となる同バイパスが必要不可欠としている。

森市長は北勢バイパスについて「北勢バイパスの整備中の区間においては、用地取得が100%でトンネルも半分以上掘り進んでいる。早期に開通見通しを設定してほしい。地元調整に努力するので、中勢バイパスとの間の未着手区間についても早期事業化を願う」と訴えた。

諸岡菰野町副町長は菰野バイパスについて「菰野インターチェンジ周辺に工業用地の造成が予定されている。早期にバイパスの完成をお願いしたい」と話した。

池田道路局長は「開通見通しの設定についても早期にできるように進めたい。また、北勢バイパスと中勢バイパスが接続されることで効果が出ると認識している。引き続き、国道477号バイパスから中勢バイパスの区間についても、事業を進めていきたい」と応えた。

菊地技監は「事業の調整に自治体が努力して頂いていることは十分認識している。一日も早く全線が開通できるよう進めていきたい」と述べた。