鈴木知事の出馬表明 新政みえ、推薦に慎重 連合三重は積極的

鈴木英敬三重県知事の3選出馬表明を受け、自民、公明両党は近く、推薦を決める方針だ。旧民進党系は地域政党「新政みえ」が推薦に慎重な姿勢を示す一方、連合三重は推薦に積極的な姿勢で温度差が生じている。

鈴木知事は前回の知事選で自民、公明両党などから推薦を受けた。自民県連は19日に開く役員会で、鈴木知事の推薦を決定する方針。公明党県本部も20日の幹事会で推薦を決める見通し。

一方、新政みえも前回の知事選で鈴木知事を推薦したが、今回は対応を決めかねている。新政みえの幹部は17日も本会議後の取材に「まだ決まっていない。知事の政策集を見て判断する」と述べた。

背景にあるのは、鈴木知事が前回の参院選で自民党候補を応援したこと。新政みえの幹部は「参院選のことをいつまでも引きずるつもりはない」としつつも「総合的に判断する必要がある」と話す。

一方、連合三重は鈴木知事の推薦に積極的。吉川秀治会長は、これまでの取材に「鈴木知事から依頼があれば推薦する」と述べた。連合三重の関係者は「参院選の〝みそぎ〟は済んだ」と話す。