三重県教育長が陳謝 年明け早々不祥事受け

県立特別支援学校長による旅費の不正受給や、窃盗容疑での県立高校教諭の逮捕など年明けから不祥事が相次いだことを受け、三重県教委の廣田恵子教育長は16日の定例記者会見で「県民の信頼を大きく裏切ることになり、大変申し訳ない」と陳謝した。

廣田教育長は「職員を管理監督し、服務規律の厳正な確保を行う校長による不祥事というあるまじき行為が起こってしまった。児童生徒を健全に育成する責任を負う教諭による不祥事が相次ぎ、皆さんの信頼を大きく裏切ることになってしまった」と述べた。

「不祥事のたびに原因を調べたり、校長会で訓示したりしていたが、こうなっている。根本的なところで根絶しないといけない」と主張。「失われた信頼を回復するため、県教委が一緒になり、全員が強い思いで取り組んでいきたい」と語った。