消防団員ら祝賀放水 亀山で出初め式 三重

【一斉放水で新年を祝う消防団員ら=亀山市本丸町の市立亀山西小学校で】

【亀山】三重県の亀山市消防本部と市消防団は6日、同市本丸町の市立亀山西小学校で「消防出初式」を実施した。同本部職員と女性消防団を含む同団員ら計400人が参加した。

櫻井義之市長は職員と団員に、崇高な消防精神と強い責任感の下、市民の安心・安全のため昼夜を分かたず最前線で活動を続けていることに対し、敬意と感謝の意を述べ、「近年は、全国各地で甚大な人的、物的被害による自然災害が発生している。災害に強い『亀山』へのまちづくりの推進に向け、内外の環境整備に全力を傾注する」と式辞した。

また、消防団員57人と1団体が、県消防協会や市から表彰を受けた後、同校グラウンドで、はしご乗りの妙技や小型動力ポンプ13台で一斉放水を披露し新年を祝った。