空き店舗に車突っ込む 運転の女性軽傷、名張・三重

【名張】5日午後2時半ごろ、名張市希央台5番町の駐車場で、乗用車が空き店舗に突っ込んだ。運転していた同市緑が丘西、無職の女性(69)が打撲の軽傷を負った。

名張署によると、女性は空き店舗に隣接する洋菓子店の駐車場に車を前方から止める際、アクセルとブレーキを踏み間違えて洋菓子店の外壁と駐車中の別の車に接触。バックしてごみ置き場にぶつかった上、アクセルを踏み過ぎて空き店舗に突っ込んだ。

空き店舗は昨年10月末まで美容室として営業。この事故で窓ガラス1枚が割れた。事故当時、洋菓子店に客3人がいたが、けがはなかった。同署は女性が運転操作を誤ったとみて、詳しい事故原因を調べている。