いなべ市長が訓示 「変えるべきことは変えて」 三重

【職員を前に仕事始めの訓示を述べる日沖市長(左)=いなべ市笠田新田の員弁老人福祉センターで】

【いなべ】三重県の日沖靖いなべ市長は4日、同市笠田新田の員弁老人福祉センターで、員弁庁舎の市職員約90人を前に仕事始めの訓示を述べた。市長は「新庁舎への移転に伴い、引越など整理が必要。文書などの片付けだけでなく、習慣として続いていることも、変えるべきことは変えていきたいので、ぜひ職員から提案してほしい」と述べた。

さらに「退職者が増える中で人材確保が難しい。ITを活用して効率化を図り、やらなければいけないこととそうでないものを見分けて取り組んでほしい。個人的な目標と、組織の目標を立てて取り組んでほしい」と話した。

この日は、北勢庁舎、藤原庁舎、大安庁舎でも仕事始めの市長訓示があった。