影響ないよう万全期す 新元号公表表明に三重県知事

【首相参拝を終えて記者団の取材に応じる鈴木知事=近鉄宇治山田駅前で】

鈴木英敬三重県知事は4日、安倍首相の伊勢神宮参拝後、近鉄宇治山田駅前で記者団の取材に応じた。安倍首相が年頭記者会見で新元号を4月1日に公表すると表明したことについて「県も県民生活に影響がないよう、市町と連携して万全を尽くす」と述べた。

鈴木知事は安倍首相の記者会見について「三重の移住に向けた取り組みを覚えてもらっていて良かった」「三重がリニア(の開業)に向けて頑張っていると認識してもらっていたことも、ありがたかった」などと振り返った。

鈴木知事は、当時は皇太子さまだった天皇陛下が伊勢湾台風の被災地を訪問された際の写真を、安倍首相に見せたことも明らかにした。写真を見た安倍首相は「防災もしっかり取り組まなければ」と述べたという。

また、安倍首相が年末のラジオ番組で「きらりと光る地方の政治家」の具体例として鈴木知事を挙げたことについて、鈴木知事が安倍首相に感謝の言葉を述べたことも明かした。安倍首相は「フルネームで言っておいたよ」と返答したという。