同僚に銃口向ける 県警、10代巡査を本部長訓戒処分 三重

訓練後に拳銃の銃口を同僚に向けたとして、三重県警が県警察学校初任科生の10代男性巡査を本部長訓戒としていたことが県警への取材で分かった。処分は14日付で、県警は同日付で銃刀法違反(単純所持)容疑で津地検に書類送検した。

県警監察課によると、男性巡査は11月21日、警察学校の射撃訓練後に貸与された拳銃を手入れしていた際、同僚2人に実弾が装填されていない拳銃の銃口を差し向けたという。目撃者からの報告を受け、その日のうちに発覚した。

県警は法に定められた拳銃の使用条件に当たらないとして男性巡査を書類送検した。男性巡査は「悪ふざけのつもりだった」と話しているといい、14日付で依願退職した。

また今月10日に尾鷲市内の国道を自家用車で制限速度の時速50キロを上回る92キロで走行したとして、
警察署に勤務する40代男性警部補が道交法違反(速度超過)容疑で摘発され、20日付で所属長訓戒処分を受けたことも分かった。

同課は「職員に対する指導教養を徹底して再発防止に努めたい」としている。