紀北町・きいながしま港市 新鮮な海産物に舌鼓 マグロ解体ショーも 三重

【海産物を買い求める来場者ら=紀北町の長島港特設会場で】

【北牟婁郡】新鮮な海産物を堪能する恒例の「第13回年末・きいながしま港市」が三重県紀北町の長島港特設会場で開かれ、大勢の観光客らでにぎわっている。30日午後2時まで。

出店業者らでつくる実行委員会が主催。県内外から35業者81ブースが、伊勢エビやさんまずし、干物などを販売している。普段よりお値打ち価格で販売しているという。

七輪の無料貸し出しもあり、家族連れなどが長島港で水揚げされた新鮮な伊勢エビなどを購入し、焼いておいしそうに味わっていた。

津市から家族で訪れた下村勇輝君(12)は「イカソーセージやアサリがおいしかった」と笑顔。ブリやタイのおすしなどを購入した母親のみほさん(46)は「新鮮でおいしく、値段も安いのでたくさん買いました」と話した。

28、29日午後0時半からビンチョウマグロの解体ショーと振る舞いがある。