ハンドベルで「ジングル・ベル」 津松菱でセントヨゼフ女子学園クリスマスコンサート

【ハンドベルを演奏する生徒ら=津市東丸之内の津松菱6階で】

【津】津市東丸之内の津松菱は23日、同店6階特設会場でセントヨゼフ女子学園(同市半田)ハンドベル部によるクリスマスコンサートを開いた。中1―高2の23人がクリスマスメドレーや人気曲など10曲を2回演奏し、計約200人が聞き入った。

クリスマスの雰囲気を味わってもらおうと開く恒例の催し。生徒は「ジングル・ベル」などのメドレーや映画「ハリーポッター」のテーマ曲、「きよしのズンドコ節」など同部初の演歌にも挑戦した。

インフルエンザで4人が欠席したため急きょパートを振り分け、見事な音色を響かせた。

初めてハンドベルを聞いた津市の大学生、信藤知仁さん(21)は「どの世代も楽しめてクリスマスにふさわしい演奏だった」、親子孫3代で訪れた髙木智悠君(9つ)は「ハリーポッターに引き込まれた。素早い動きの演奏がすごかった」と話した。

菅優姫奈部長(17)は「全員で演奏できず残念だったが夏休みから練習した成果が出せた」と話していた。