男子・伊賀白鳳は22位、女子・津商46位 全国高校駅伝

【全国高校駅伝男子でゴールする伊賀白鳳のアンカー・佐伯陽生(左)全国高校駅伝女子でゴールする津商のアンカー・久木佑菜(右)=西京極陸上競技場】

全国高校駅伝は23日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで行われ、第69回の男子(7区間、42・195キロ)は倉敷(岡山)が2時間2分9秒で2年ぶり2度目の優勝を飾った。

第30回の記念大会で男子より11校多い58校が出場した女子(5区間、21・0975キロ)は神村学園(鹿児島)が1時間7分25秒で25度目の出場で初制覇した。

県勢は、15年連続30回目の男子・伊賀白鳳が2時間8分41秒の22位でゴール。4年連続10回目の女子・津商は1時間13分46秒の46位だった。

昨年の24位からの巻き返しを目指した伊賀白鳳は、24位でタスキを受けた2年生アンカー佐伯陽生が2人抜いて22位に浮上。ゴール直前で21位の北海道栄との差を2秒に詰める追い上げを見せた。

津商は1区53位からスタートする苦しい展開になったが、2年連続でアンカーを務めた3年生の久木佑菜が、昨年のタイムを上回る走りで、4人を抜いて46位でフィニッシュした。

男子は世羅(広島)が2位で、学法石川(福島)が3位。昨年優勝の佐久長聖(長野)は5位だった。

倉敷は3区でキプラガットが8位からトップに躍り出た。一時は2位に下がったが、6区で石原が再び首位に立ち、世羅との競り合いを制した。

女子は長野東が2位、2連覇を狙った仙台育英(宮城)は3位。

神村学園は5区で、トップと31秒差の5位でたすきを受けたタビタが逆転し、2位に26秒差をつけてゴールした。