東名阪中心に渋滞最大20㌔ 三重県警が年末年始の交通予測

三重県警は来年1月3日までの年末年始の交通渋滞予測を発表した。帰省ラッシュを見込んで年内は28―30日、年明けは2、3日に東名阪自動車道を中心に最大20キロ以上の激しい渋滞を予測している。

県警交通規制課によると、28、30日は東名阪道下り亀山ジャンクション(JCT)付近を先頭に桑名インターチェンジ(IC)付近まで最大約20キロの渋滞が見込まれる。29日は東名阪道と接続する伊勢湾岸道で四日市JCTを先頭に、湾岸長島付近まで最大約10キロの渋滞が予測され、亀山JCT―湾岸長島ICまで最大約25キロの渋滞と見込んでいる。

また、東名阪自動車道(伊勢自動車道)上り線では年明け2、3日に四日市IC付近を先頭に芸濃IC付近まで最大約20キロの渋滞を予測している。

前年は30日に東名阪道下り亀山IC―四日市JCT間で最大19・7キロ、3日に同上り四日市IC―芸濃IC間で最大26・8キロの渋滞が発生した。

同課の谷川原元広交通管制官は「帰省や外出の際には余裕ある計画を立てて安全運転に努めてもらいたい」と話した。