鳥羽水族館 巨大水槽を大掃除 年末恒例 三重

【海獣の王国の巨大水槽を掃除する職員ら=鳥羽市の鳥羽水族館で】

【鳥羽】三重県鳥羽市の鳥羽水族館で19日、年末恒例の大掃除があり、職員がトドやカリフォルニアアシカ、ハイイロアザラシがいる「海獣の王国」の巨大水槽を掃除した。

水槽は横16メートル、縦13・5メートル、水深3・5メートル。職員は水槽内の約600トンの水を抜いた後、デッキブラシや高圧洗浄機を使い、床やガラス壁を磨いた。トドやアザラシは職員が掃除をする傍らで床を滑って遊んでいた。

20日は午後0時20分ごろから約30分、フンボルトペンギンの水槽を掃除する。ペンギンの体重測定も行うという。