送迎バス、ブロック塀に衝突 伊勢のこども園 園児7人が軽傷 三重

【こども園の送迎バスが衝突し、ブロックが崩れた塀=伊勢市粟野町で】

【伊勢】17日午前9時25分ごろ、三重県伊勢市粟野町の市道で、同市浦口二丁目、男性バス運転手(74)が運転する認定こども園の送迎バスが民家のブロック塀に衝突。同乗していた4―6歳の園児11人のうち、7人が唇を切るなどの軽傷を負った。

伊勢署などによると、現場は見通しの良い直線(幅員5メートル)。運転手は「茶色の犬が急に飛び出し、左ハンドルを切ってぶつかった」と話しているという。通園途中で、運転手と同乗の女性保育士(25)にけがはなかった。

現場はJR宮川駅から南に約1・7キロの閑静な住宅街。バスが衝突した民家に住む女性は「衝撃音で外に飛び出し、びっくりした」と話していた。