世界9位の技「格好良い」 バド西本、伊勢のクラブ訪問 三重

【児童らの前で模範試合を行う西本拳太=度会郡玉城町の下外城田小体育館で】

バドミントン男子シングルス世界ランキング9位の西本拳太(24)=富山・トナミ運輸=が16日、小学時代所属していた伊勢市のバドミントンクラブを訪問した。

度会郡小俣町(現伊勢市小俣町)出身。玉城町の下外城田小で行われた小俣スポーツ少年団バドミントン部の練習に参加し、後輩の児童らとミニゲームで交流した。一般男子ペアを相手にした模範試合も行った。

年1回程度の帰省に合わせ、出身クラブへの訪問を続けている。「子どものころ実業団選手らに相手をしてもらって夢をもらった。その恩返しの気持ち」と話した。

ミニゲームの後は個別にアドバイス。質問コーナーも設け、児童から「強い球が打てるようになるには」と問われると「大人になれば打てる。小学生しかできない練習を大切にして」などと答えていた。

バドミントン部女子主将の橋爪香英那さん(11)は「どんな球でもレシーブしていた。格好良い先輩」。男子主将の西山駿成君(11)も「すごく誇りに思う。東京オリンピックで優勝して欲しい」と話していた。