玉城町 田丸城跡に光の天守閣 LED点灯、2年ぶり 三重

【田丸城をイメージした幻想的なイルミネーション=玉城町田丸で】

【度会郡】三重県度会郡玉城町田丸の田丸城跡で、約5万個のLED(発光ダイオード)電球を使い、田丸城をイメージしたイルミネーションの点灯が始まっている。点灯時間は日没―午後9時。来年1月31日まで。

地域活性化や東日本大震災の復興などを願い、町と同町商工会が平成23年から実施。昨年は台風21号による水害の影響で点灯を自粛したが、今年は2年ぶりに復活させた。

10月下旬から商工会工業部会を中心に会員らが作業を進めた。鉄パイプを組み立てて高さ10メートル、幅11メートル、奥行き9メートルの天守閣を再現し、電球を飾り付けた。

天守跡の石垣や周りの木々も色鮮やかな電球で彩り、ツリー型のイルミネーションも設置。訪れた人らは寒さを忘れ、幻想的に浮かび上がった光の天守閣を観賞していた。