ガソリン混入した灯油「全て回収」 混入原因の火災確認されず

【津】津市幸町のガソリンスタンド「岡金ニュー津支店サービスステーション」が誤ってガソリンの混入した灯油を販売した問題で、津市は14日、購入者全員から灯油を回収したと発表した。混入が原因とみられる火災は確認されていない。

市消防本部によると、店が同日午前8時ごろに全て回収できたと報告。職員が店に赴いて回収状況を確認し、購入者全員からの回収が完了したと結論付けた。

市などは「大規模火災につながるおそれがあった」として、灯油とガソリンを混入した「三重油送」(同市河芸町西千里)と販売した「岡金ニュー津支店サービスステーション」への対応を検討している。

同店は7―9日、ガソリンが混入した灯油を86件、計2387リットル販売した。三重油送のタンクローリーが7日に給油した際、タンクを仕切るバルブの操作を運転手が誤ったのが原因。市や店が9日夕から購入者に買った灯油の返品を呼び掛けていた。