亀山市の小学校エアコン整備 特例交付金で来夏めど完成 三重

【亀山】三重県の亀山市議会12月定例会は10日、再開。今岡翔平(勇政)、服部孝規(共産)、森美和子(公明)、鈴木達夫(大樹)、伊藤彦太郎(勇政)、福沢美由紀(共産)、櫻井清蔵(勇政)、豊田恵理(無会派)の8人が上程議案について質問した。

この中で今岡議員は、議案第76号「平成30年度亀山市一般会計補正予算案」に触れ、来年度予定の市内小学校の普通教室等空調機整備事業を前倒しし、2億4510万円を予算計上したことについて質問。

草川吉次教育部長は「国による通常の学校施設環境改善交付金とは異なる『特例交付金』を活用し、市内10小学校の普通教室82室と音楽室11室を来年夏をめどに、完成させるための補正予算として計上した」と述べた。