桑名 粘土の花や額など30点 奥田さんら3人展 三重

【作品を見ながら談笑する(左から)奥田さん、齊藤さん、谷川さん=桑名市大仲新田の川スミメガネ本店で】

【桑名】三重県員弁郡東員町笹尾東の奥田とも子さん(69)ら3人による「アルテサニア粘土工芸3人展」が、桑名市大仲新田の川スミメガネ本店ギャラリーで開かれている。13日まで。

奥田さんは、約10年にわたり自宅で粘土工芸の教室を開く。今回は、生徒の齊藤啓子さん(69)=員弁郡東員町笹尾東=と谷川きよみさん(68)=同所=と一緒に作品を展示。粘土でこしらえた花や風景画のように仕立てた額、ブローチなど計約30点を並べた。

真っ赤なカラーとヒイラギとを組み合わせた壁飾りやリースといったクリスマスにちなんだ作品もあり、訪れる人の目を楽しませている。