松阪赤菜の肉巻き試食 レシピコン最優秀賞 「きっする食堂」で今月提供 三重

【「松阪赤菜の肉巻き」を食べる竹上市長=松阪市役所で】

【松阪】JA松阪(三重県松阪市豊原町)は7日、市役所で松阪赤菜を使ったレシピコンテスト最優秀賞の試食会を開いた。

松阪赤菜は松坂城を築いた戦国武将、蒲生氏郷が近江から持ち込んだとされる冬野菜。根と葉が紅色をしている。同JA管内では阿坂地区を中心に25戸が約70ヘクタールで栽培している。

主に漬物に使うが、調理法を広げて消費を拡大しようと初めてコンテストを開催した。

18点の応募があり、同市美濃田地区「きっする生気活気倶楽部美濃田」の「松阪赤菜の肉巻き」が最優秀賞を獲得した。

竹上真人市長は「おいしい。赤菜が肉巻きにむちゃくちゃ合う」と感想を話した。山本清已理事長は「脂を逃がす赤菜の特長が出ている」と解説した。

同市東黒部町の同JA農産物直売所「きっする黒部」に併設するレストラン「きっする食堂」で今月中、提供する。