JFL昇格祝う懸垂幕 鈴鹿市役所庁舎に 三重

【鈴鹿アンリミテッドFCのJFL昇格を祝う懸垂幕(中央)を設置する市職員=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県の鈴鹿市は6日、市を拠点に活動するサッカークラブチーム「鈴鹿アンリミテッドFC」がアマチュア最高峰の日本フットボールリーグ(JFL)に昇格したことを受け、同市役所庁舎に懸垂幕を設置。

昇格を祝い、末松則子市長は「市から初のJFLチームが誕生したことを大変うれしく思う。チームの活躍が子どもたちに夢と希望を与え、市のスポーツ振興と地域活性化につながることを期待し、今後も引き続き市民とともに声援を送る」とコメントした。

設置した懸垂幕は幅93センチ、高さ約9メートルの大きさ。「祝 JFL昇格 鈴鹿アンリミテッドFC」のメッセージが記されている。設置期間は平成31年1月4日まで。

同チームは東海社会人リーグ一部所属。「全国地域サッカーチャンピオンリーグ2018」で準優勝し、同日のJFL理事会で昇格が決まった。