三重県知事 3選出馬報道を否定 「引き続き熟慮」

鈴木英敬三重県知事は6日のぶら下がり会見で、任期満了(来年4月20日)に伴う次期知事選に立候補する意向を固めたとする一部報道について「意向を固めたことはなく、引き続き熟慮している」と否定した。

鈴木知事は「多くの関係者にやきもきさせているかもしれない」とした上で「これまでも申し上げている通り、県民の意見をもう少し聞かせてもらい、決めるべき道を判断したい」と述べた。

また、鈴木知事は県医師連盟、県薬剤師連盟、歯科医などでつくる「歯科の会」から既に立候補の要請を受けたと明らかにした。7日は県建設業協会も立候補の要請書を鈴木知事に手渡す予定。

次期知事選には、今のところ立候補の声は上がっていない。共産党県委員会などでつくる市民団体「県民本位のやさしい三重県政をつくる会」は年内にも候補者を発表する予定で選定を進めている。