船から乗組員転落 志摩沖、鳥羽海保捜索 三重

【志摩】3日午後11時半ごろ、パナマ船籍の貨物船「ブナン エース」の船長から第4管区海上保安本部に「男性乗組員が海上に転落した」と通報があった。乗組員は志摩市大王町の南約16キロの沖合で転落したとみられ、鳥羽海上保安部が付近を捜索している。

鳥羽海保によると、乗組員は中国人のゾゥオン・ジウーさん(26)。同日午後6時前に船内で夕食を取っていたのを最後に行方が分からなくなっている。ジウーさんは、夕食後に同町の沖合で行う作業に現われなかったことから、海保は付近の海域で転落したとみている。甲板上には、スリッパが無造作に脱ぎ捨てられていたという。