市街地巡り遺児支援 明治安田生命と東京海上日動 松阪で社員が募金とウオーク 三重

【松坂城跡を出発する「あしながチャリティー&ウォーク」の約200人=松阪市殿町で】

【松阪】明治安田生命津支社(菅野貴之支社長)は2日、三重県松阪市で「あしながチャリティー&ウォーク2018」を開いた。東京海上日動三重支店と連携し、両社の社員ら192人が参加した。

あしなが育英会と協力し、親を亡くした子どもたちの進学を支援するチャリティー募金を繰り広げ、寄付している。明治安田生命は全社で取り組み、昨年は約4万1000人が参加し、寄付額は2千万円を超えた。

同市殿町の松坂城跡で開会式を開き、菅野支社長が「早さを競うものでなく、楽しく歩こう」と呼び掛けて出発。松阪商人の館や三井家発祥の地など市街地約5キロを巡った。