子役タレントの斎藤さん一日署長、こにゅうどうくんも 三重県警四日市西署、年末年始特別警戒取締り出発式

【号令をかける1日署長の斎藤さん(左から2人目)=四日市西署で】

【三重郡】年末の交通安全県民運動(12月1―10日)と年末・年始特別警戒取締り(12月1―来年1月10日)に先立ち、四日市西署は29日、菰野町の同署で出発式を実施し、署員や西地区防犯協会員、町職員ら80人が参加した。

町在住の子役タレント、斎藤真千さん(7つ)と四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」が一日署長に就任。斉藤さんが号令を掛けると、白バイを先頭に計16台の警察車両が夕暮れ時の警戒に出発した。

北林正司署長は出発式のあいさつで「刑法犯の認知件数などは減少してはいるが、住宅を狙った窃盗や特殊詐欺の被害は増加傾向にある。年末年始に向け、皆さんの力も借りながら警戒を強化する」と協力を呼び掛けていた。