収穫した米で餅つき 三重県・桑名の七和小5、臼やきねも体験

【もちをつく児童ら=桑名市芳ケ崎の七和小学校で】

【桑名】桑名市芳ケ崎の七和小学校の五年生60人が30日、収穫したもち米を使って、校内で餅つきをした。

児童らは順番に交代しながらきねを振り下ろし、木臼2基で餅をついた。また、児童にもち米作りを指導した「ななわ農地・水・環境保全会」(伊藤宜毅代表)のメンバーが、餅つき機でつきたての餅を用意。きな粉に味付けして、全校児童と隣接する正和北幼稚園の園児計388人が味わった。