運転中に意識失ったか 三重県・伊賀 ガードレールに車接触、男性が死亡

【伊賀】30日午前8時40分ごろ、伊賀市大内の名阪国道上りで、名張市蔵持町、男性会社員(66)の乗用車が道路脇のガードレールに接触。心肺停止となって伊賀市内の病院に搬送されたが、急性心筋梗塞で死亡が確認された。

高速隊によると、現場は片側2車線の直線道路。事故直前に「前の車がふらついていて様子がおかしい。首がうなだれている」と後続車から通報があった。

男性は取引先に向かう途中だったとみられる。出勤前、家族に「体調が悪い」と話していたという。目立った外傷はなく、高速隊は事故の前に意識を失ったとみている。