オレンジの甘みも楽しめる 御浜町・たかみ農園 特産マイヤーレモン収穫 三重

【マイヤーレモンを収穫する田中さん=御浜町阿田和で】

【南牟婁郡】三重県南部の特産品「マイヤーレモン」の収穫が御浜町阿田和の「たかみ農園」の園地で最盛期を迎えている。同園では5―6センチに実ったマイヤーレモンを摘み取る作業に追われている。

マイヤーレモンはレモンとオレンジの自然交配種。レモンの酸味とオレンジの甘みが楽しめる。

オーナーの田中高美さん(38)によると、季節によって味が異なり、12―1月はレモンの酸味とオレンジの糖度のバランスが最も良い。

収穫は10月1日から始まり、来年2月中旬まで続く。約60トンの収穫を見込み、昨年より10トン多い。東京のスーパーや飲食店に出荷し、酒や菓子に使われる。

田中さんは「台風の影響も受けず、玉が一つ一つ大きく味も良い」と話していた。