理容美容で全国優勝 伊勢の専門学校生ら市長に報告 三重

【理容美容技術の全国大会で優勝や入賞した理容師と学生ら=伊勢市役所で】

【伊勢】理容美容の技術を競う全国大会で優勝や入賞した三重県伊勢市の理容師と学生ら9人が26日、伊勢市役所で鈴木健一市長に報告した。

同市河崎のすずき理容店の理容師白倉寛也さん(20)は、10月に熊本県で開かれた「全国理容競技大会」ジュニア部門クラシカルバックバリエーション種目に県代表として出場。全国の代表約30人とカットやセットの技を競い2位となった。白倉さんは「僅差で負け、全国のレベルの高さを感じた。技術を磨くため、今後も競技会に挑みたい」と語った。

同市八日市場町の伊勢理容美容専門学校の学生8人は、今月に岡山市であった「全国理容美容学生技術大会」(理美容甲子園)に東海地区代表として出場した。セットの技を競う部門で理容科1年の鈴木朝陽さん(19)が、カットなどを競う部門で同2年の山口蓮斗さん(19)がそれぞれ1位の金賞に輝いた。鈴木さんは「指導してくれた方々に感謝。来年は別の部門で優勝を目指す」、山口さんは「優勝はうれしい。今後も努力し、レベルアップしたい」と話した。

ほかの入賞者は次の皆さん。理容部門=山本友貴(2位)中真銀河(2位)榎本麻奈(7位)▽美容部門=池之山悠(3位)田中裕斗(7位)山中沙耶(5位)