バレーV3 ヴィアティン三重3連勝 津・サオリーナで初の試合

【ホーム開幕戦を勝利で飾り喜ぶヴィアティン三重の選手ら=津市のサオリーナで】

バレーボールV3リーグのヴィアティン三重は24日、津市北河路町のサオリーナで迎えた今シーズンのホーム開幕戦を白星で飾った。

奈良ドリーマーズに25―20、25―22、25―19でストレート勝ちした。亀田吉彦監督は「立ち上がりは硬さはあったが、2セット目辺りからブロックとレシーブから試合のリズムが作れるようになった」と振り返った。

これで開幕3連勝。サオリーナで初めて試合を開き、チーム史上最多の1285人(主催者発表)を集めた。照明を落とした選手入場、選手自ら制作したチーム紹介映像の公開、専属チアチームの応援パフォーマンスなど趣向を凝らした演出でも観客を喜ばせた。