潜水作業中の女性死亡 尾鷲沖

【尾鷲】23日正午ごろ、三重県尾鷲市沖で潜水していた東京都墨田区、田中優未さん(41)の意識がないと、118番があった。田中さんは市内の病院に救急搬送されたが、間もなく死亡が確認された。死因は海水を吸い込んだことによる窒息死。

尾鷲海保によると、水深約25メートルの海底で動かなくなっている田中さんを、同僚の男性ダイバー(66)が発見した。田中さんは当時、市内で3月から定置網漁に参入した業者の委託を受けて、定置網を点検していたという。海保が事故原因を調べている。