津の70代女性、600万詐欺被害 架空の通貨代金名目 三重

【津】三重県の津南署は23日、津市内の70代女性が架空の通貨購入代金名目で現金600万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

同署によると、女性は9月、証券会社の社員を名乗る男らから「ベトナム通貨の購入者に選ばれた」「あなたの名前で購入した」と電話を受けた。

この後、別の男に電話で「これは名義貸し。通貨の購入代金を支払わなければ捕まる」と言われ、指示通りに手渡しと宅配便で現金を送ったという。