特産ユズ、フキで活性化へ 大台町に加工施設が完成 三重

【大台町宮川特産品加工施設の搾汁室=同町弥起井で】

【多気郡】三重県の大台町は21日、同町弥起井の同町宮川特産品加工施設の完工式を開き、大森正信町長ら約30人が完成を祝った。

農業所得の向上と農地保全が狙い。同町が栽培の普及を進めているユズやフキなどを加工する。宮川物産(同町本田木屋)が運営する。

事業費は国の補助金を使い5億1484万円。敷地面積5164平方メートルに鉄骨造り平屋の工場棟1113平方メートルと、木造平屋の事務所棟141平方メートルを建設。

搾汁室や充填(じゅうてん)室、きゃらぶき漬け込み室、みそ加工室があり、商談コーナーを備える。製造工程を効率化し、高い衛生レベルに対応できる。