事件の情報提供を 松阪の男性遺体遺棄 遺族ら駅でビラ配り 三重

【一瀬敦さんの遺影を抱え駅利用者に情報提供を呼び掛ける要子さん(左)=松阪市嬉野中川新町1丁目の近鉄伊勢中川駅で】

【松阪】平成24年3月11日に三重県松阪市飯南町上仁柿の山林で兵庫県神戸市垂水区名谷町の鉄筋工一瀬敦さん=当時(32)=の遺体が見つかった事件で、遺族や松阪署員ら約20人は20日、同市嬉野中川新町一丁目の近鉄伊勢中川駅で情報提供を求めるビラ500枚を配った。

同署捜査本部によると、一瀬さんは23年11月20日夜、同駅から国道23号方向へ職場の寮まで歩いて帰る途中、車にはねられ死亡。約20キロ離れた山中に遺棄されたとみられる。

母親の要子さん(70)は「ただ犯人が出てほしい。どういう状況だったか知りたい」と話し、「悔しかったねと毎日線香をあげている。事件を忘れないでほしい」と呼び掛けた。

死体遺棄事件としては27年3月で時効が成立しているため、自動車運転過失致死の疑いで捜査している。情報提供は同本部=電話0598(53)0110=へ。