列車にはねられ2人死亡 四日市の近鉄名古屋線踏切、線路内立ち入りか 三重

【四日市】16日午後6時半ごろ、三重県四日市市羽津町の近鉄名古屋線踏切で、線路上にいた2人が下り急行(6両編成)にはねられて死亡した。

四日市北署によると、乗客600人にけがはなかった。死亡した2人のうち、1人は女性。もう1人の性別は分かっていない。同署が身元を調べている。

現場は霞ケ浦駅に近く、周辺にはマンションやコンビニが立ち並んでいる。「線路に立ち入っていた2人がはねられた」と目撃者から110番があった。

近鉄によると、この事故で四日市駅―桑名駅間の上下線が約1時間にわたって運転を見合わせた。同日午後10時現在、上下線に運休や遅れが出ている。