観光バス運転手、意識失う 紀勢道トンネル、乗客が停車 三重

【事故が起きた観光バス=尾鷲市で】

15日午前10時35分ごろ、三重県紀北町便ノ山の紀勢道下り線高丸山トンネル内で、走行中の「ラビット急行」(静岡県浜松市)の観光バスの男性運転手(46)が意識を失った。乗客2人がバスを止め、乗客と添乗員にけがはなかった。運転手は尾鷲市内の病院に搬送されたが現在は意識があり、命に別条はないという。

県警高速隊によると、バスには乗客33人と添乗員1人、運転手の計35人が乗車していた。乗客の女性から「運転手が意識を無くしており、トンネル内でバスが止まった」と一一〇番があった。

バスの左右の側面が破損しており、蛇行して側壁やラバーポールに当たったとみられる。男性の乗客2人がハンドルとブレーキを操作し、バスを車線に停車させた。

同社によると、バスは1泊2日の観光ツアーで同日午前7時ごろに愛知県豊橋市を出発し、和歌山県串本町に向かっていた。運転手は毎日している健康チェックで異常はなかったという。

高速隊は今後、過労運転などの疑いを視野に入れて、同社や運転手らに話を聴く。事故の影響で尾鷲北インターチェンジ(IC)―海山IC間(6・1キロ)の上下線を約1時間通行止めとした。