見慣れた動物も写真映え 鳥羽水族館がカレンダー発売 三重

【写真映えを意識した鳥羽水族館の来年のオリジナルカレンダー】

【鳥羽】三重県鳥羽市の鳥羽水族館が来年のオリジナルカレンダーを発売している。テーマはフォトジェニック(写真映え)。見慣れた動物や水槽にぼかしなどを加え、色鮮やかな写真に仕上げた。

縦21センチ、横15センチの卓上カレンダー。かっこよさやオシャレさを出そうと、初めて縦長にした。桜の時期にはハナビラクマノミ(4月)、梅雨にはカエル(6月)など季節感を重視したデザインになっている。

例年、ファンから「少しでも早く使いたい」という要望があるため、今年の12月面も含まれている。館内の売店とホームページ(HP)のオンラインショップで810円で販売。HPでの販売は送料が必要になる。

また、水族館は伊勢新聞の読者5人に同カレンダーをプレゼントする。はがきに氏名、住所、電話番号を記入の上、〒517―8517鳥羽水族館カレンダー係まで。