18日に「鈴鹿の街音楽祭」 ランチタイムコンサートでPR 三重

【買い物客らの前で歌う「気軽にクラシックとミュージカル」の2人=鈴鹿市算所2丁目の鈴鹿ハンターショッピングセンターで】

【鈴鹿】18日に三重県鈴鹿市飯野寺家町の市文化会館で開催する「鈴鹿の街音楽祭2018~音楽でみんなつながろう~」を前に、13日、同市算所二丁目の鈴鹿ハンターショッピングセンターでランチタイムコンサートがあり、出演者の中から2組が計9曲を披露し、イベントをPRした。

コンサートには、普段は個々で活動する声楽家4人の「気軽にクラシックとミュージカル」から2人が参加し、ドレミの歌など5曲、ジャズに初挑戦の二人組「LILYS」がアメージンググレイスなど4曲を歌い、買い物客約120人が楽しんだ。

当日は午前12時半に開演。市内を拠点に活動する計25組が参加し、吹奏楽や合唱、ロックなど多彩なジャンルの音楽を発表する。入場無料。終了予定は午後5時50分。

本番に向け、気軽にクラシックとミュージカルの吉田治代さん(72)は「歌の心情が少しでも伝われば」、LILYSの田中百合さん(33)と半詠コウさん(47)は「自分たちが楽しんでいる音楽を一人でも多くの人に伝えたい」とそれぞれ意気込みを話した。

音楽祭は音楽を通じて交流を深めることを目的に、今年で8回目。

問い合わせは市文化振事業団=電話059(384)7000=へ。