三重県 関西学院大と就職支援協定

三重県と関西学院大(兵庫県西宮市)は12日、県内での就職を支援する協定を結んだ。県が大学と結んだ就職支援協定としては13件目。同大は県内企業の情報を学生に提供するなどして協力する。

県内出身者が地元に帰って就職する「Uターン」や、県外出身者が県内で就職する「Iターン」の促進を目的に締結。県が同大に要請して実現した。式典などは開かず、書面による締結とした。

県によると、関西圏に進学する県内の高校卒業生は中部圏に次いで2番目に多い。県雇用対策課は「今後も県内出身者の多い中部圏や関西圏の大学を中心に協定の締結を呼び掛けたい」としている。