手作りかかしがずらり 津の榊原温泉 秋の収穫祭PR 三重

【「スポーツ」をテーマにした手作りかかし=津市榊原町で】

【津】三重県津市榊原町にこのほど、町内外の人らが手作りしたかかしがお目見えした。25日に同町の「湯の瀬」多目的広場で開く「第12回榊原温泉秋の収穫祭」終了まで展示する。

同祭をPRしようと祭の実行委員会が「かかしコンテスト」を実施し11回目。今年は「スポーツ」をテーマに募集し18作品27体の応募があった。

サイクリング、サッカー、相撲などさまざまなスポーツをする場面のかかしがずらりと並ぶ。大坂なおみ選手や大谷翔平選手などを思わせる作品や先月開幕した卓球プロリーグを紹介する作品もある。

市内から訪れた女性(62)は「知人が出品しているのでいつも写真を撮りに来る。毎年テーマが変わって面白い」と話した。

今後地域外に依頼した審査員18人により入賞作品を決定し収穫祭会場で表彰する。祭は午前8時半―午後2時ごろで地元農家の農産物販売、地元団体の出店、振る舞い鍋などがある。問い合わせは同祭実行委員会=電話059(252)0220=へ。