スマホで納付、市税と水道料金 志摩市がアプリ2種に対応 三重

【24時間対応で市税と水道料金を納付できる無料スマートフォンアプリ「PayB」=志摩市役所で】

【志摩】三重県志摩市が無料のスマートフォンアプリで市税と水道料金をいつでも納付できる制度を導入した。アプリは「PayB」と「ヤフー」の2種類。アプリを使い、納付書のバーコードを読み取ると、使用者が登録した金融機関の口座から市税と水道料金が引き落とされる。

市によると、約半数の市民が市の窓口や金融機関、コンビニなどで市税と水道料金を直接納付している。アプリで納付できるのは、個人市県民税や法人市民税、固定資産税、軽自動車税など6つの市税。口座振替で対応していない税もある。

アプリに対応する金融機関は約60で今後も増やす予定。当面は1月あたり数十件ほどの利用を見込んでいる。担当者は「便利なアプリなので使ってほしい。導入に手間はかからない」と利用を呼び掛けている。