優勝の「きらり」「ひらり」に表彰状やトロフィー 第2回カワウソゥ選挙 伊勢シーパラで表彰式 

【優勝のトロフィーや表彰状などを授与され、きらり・ひらりと一緒に喜ぶ飼育員ら=伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで】

【伊勢】全国の動物園や水族館で飼育されているカワウソの人気ナンバー1を決める「第2回カワウソゥ選挙」の表彰式が2日、伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」であった。投票総数38万20票のうち3万2645票を獲得して優勝した、同館の双子のツメナシカワウソ「きらり」と「ひらり」(雄、1歳)と一緒に、飼育員や来館者らが喜びを分かち合った。

同選挙には全国から39園館、83頭が参加。カワウソの魅力の一つ「可愛い」をキーワードに、9月3日―10月14日までインターネット上で投票が行われた。昨年の第1回カワウソゥ選挙では、2頭の父親の「ブブゼラ」(選挙期間中に死去)が優勝。今回は父親の偉業を継ぐべく2頭が立候補し、見事に2連覇を達成した。

この日は2頭の飼育舎前で表彰式が行われ、主催者のサンシャイン水族館(東京)の髙宮一浩さんが、飼育員の小野田忍さん(42)に表彰状やトロフィー、副賞のニジマス、シバエビ、ワカサギを手渡し、きらりもカワウソ用の表彰状を受け取った。

小野田さんはブブゼラの遺影に2頭の優勝を報告。「カワウソファンや地元の人に応援してもらい、2連覇することができた。ブブゼラは1位の報告を聞くことなく天国へ旅立ったので、今回はこの子たちと一緒にお祝いできて幸せ」と話していた。