鳥羽水族館 ラッコのロイズ 突然の死に驚き 三重

【先月31日に亡くなった鳥羽水族館のラッコのロイズ(同館提供)】

【鳥羽】三重県鳥羽市の鳥羽水族館は1日、ラッコのロイズ(雄、13歳)が先月31日に急性心不全で死亡したと発表した。同館で飼育するラッコはメイ(雌、14歳)1頭になった。

ロイズは平成17年4月、和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で生まれ、21年1月に鳥羽水族館に入館。26年3月、サンシャイン水族館(東京)に引っ越したが、28年3月には鳥羽水族館に戻った。

ロイズはたくさんの芸を覚え、水族館ではいつも注目の的だった。夏ごろから食欲は低下したが、31日朝は元気に泳ぎ回っていたという。飼育研究部の石原良浩次長(57)は「突然の死に驚いており、残念でならない」とコメントした。