伊賀鉄道列車と車衝突 線路の上の橋から転落 ドライバー女性軽傷 三重

【伊賀】31日午前7時50分ごろ、三重県伊賀市上野桑町の伊賀鉄道で、跨線橋から線路に転落した乗用車が、伊賀神戸発上野市行普通列車(2両編成)と衝突した。乗員乗客約160人にけがはなく、車を運転していた同市内の女性(63)が落下時に頭などを打ち軽傷を負った。

伊賀署によると、女性は付近の岡波総合病院駐車場に車を駐車中、位置を調整しようと前進した際に誤ってアクセルを踏み込み、跨線橋に設置されていた高さ約1メートルのレンガ製の欄干を突き破り、約7メートル下の線路に落下したとみられる。列車の運転士は約百メートル手前で急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。

この事故で運転再開まで約7時間半にわたって全線不通となり、約2千人に影響した。