伊勢市役所の放火計画 新聞配達員の男逮捕 放火予備の疑い 三重

【伊勢】滞納した税金の支払交渉が難航したことに腹を立て、伊勢市役所を放火しようと企てたとして、三重県の伊勢署は30日、放火予備の疑いで、同市西豊浜町、新聞配達員佐々木幸助容疑者(72)を現行犯逮捕した。「税金の支払交渉がうまくいかなければ市役所に火を付けてやろうと思った」と容疑を認めている。

逮捕容疑は同日午後1時10分ごろ、ガソリンや灯油のような物が入ったペットボトル8本とライター2個を持って市役所を訪問し、同市役所の放火を計画した疑い。

同署などによると、佐々木容疑者は市役所の窓口を訪れ「滞納はないはず。事件を起こす」などと言って騒いだため、職員が同署に通報した。同容疑者は26日にも市役所を訪れ「カウンターに火を付ける」などと脅迫めいたことを口にしていたという。