ひき逃げ情報提供呼び掛け 伊賀署員がビラ配り 三重

【チラシを配って死亡ひき逃げ事件の情報提供を呼びかける署員=伊賀市千歳で】

【伊賀】三重県の伊賀署は30日、3年前の同日に発生した未解決の死亡ひき逃げ事件について、現場付近の伊賀市千歳の「ファミリーマート(当時サークルK)伊賀一之宮インター店」を含めた市内3カ所でビラ配りをして情報提供を求めた。

同署によると、平成27年10月30日午前0時45分ごろ、同市千歳の工員吉田文寛さん=当時(41)=が同店で買い物をした後、国道25号線沿いを徒歩で帰宅途中に車にはねられて死亡した。

逃げた車両はキャラバン風のワンボックスカーとみられ、破損した左前部の修理をしたり、廃車となっている可能性があるという。

この日は署員17人が、同コンビニ店舗前やアピタ伊賀上野店(服部町)など3カ所で事故の詳細や逃走車両の特徴などを記したビラ500枚を利用者らに配布し、情報提供を求めた。現時点で有力な情報は得られていないという。

同署の梶田充代交通課長は「発生から3年が経ったが捜査は続いている。風化させることなく犯人検挙に向けて捜査を続けていきたい」と話した。情報提供は同署=電話0595(21)0110=へ。