ボリビアカレンダー作製 津・NPOディファル カーニバルなどの写真 三重

【津】南米ボリビアの環境改善を支援するNPO法人「DIFAR(ディファル)」(国内事務局・三重県津市美杉町)はこのほど、「2019ボリビアカレンダー」を千部作成した。1冊税込み500円で販売する。

DIFARは津市出身で元青年海外協力隊員の瀧本里子さん(42)が15年前に立ち上げ、現地で衛生状態の改善や生ゴミの堆肥化などに取り組んでいる。国内では母親の規久子さん(65)らが音楽祭の開催などで国際交流を図っており活動の協力者に向け7年前からカレンダーを作製している。

縦42センチ横約30センチの壁掛け型で、昨年同法人がバジェグランデ市で開催した写真コンテストの応募作品から、同市と友好協定を結ぶ愛知県東栄町の町民がカレンダー用に選んだ。レンガ色の建物が集まる街並みやカーニバルで踊る子どもたち、まきを運ぶロバなど12種類の写真がある。

希望者は同団体のホームページ=http://difar.jp=から申し込み可能。問い合わせは瀧本さん=電話090(9181)4554=へ。